マッサージ屋のお姉さんを見習おう

毎日飲み屋に通っていては金がもたないので、修行を兼ねて足マッサージへ行ってきた。
場所は宝利来国際酒店前で福永汽車站横の「康怡沐足」。
ここの足マッサージは結構広く、部屋も綺麗なのでなかなかGood。

・・・目の前が5つ星の宝利来ということもあり、欧米系のおっちゃんが沢山来るとのことで、足マッサージの姐さん(24歳、子供は5歳)はすっかり英語に興味を持っていた。

「『飲み物は何にしますか?』を英語でなんと言う?」、「『早く寝て良い夢を見てください』は英語でなんて言う?」などといろいろ聞いてはメモをしている・・・私は日本人だし、英語は得意じゃないんだが。
「飲み物は何にしますか?」はともかく、「早く寝て良い夢を見てください。」なんて今まで聞いたこともないし、言おうと思ったことも無いわ!

日本人いっぱいの漢永酒店からは若干離れていて、怪しい日本語を話すおばちゃんがいるマッサージ屋が途中にあるので、ここのマッサージ屋は最近は日本人より欧米系の方が多いらしい。
それに、欧米系のおっちゃんはチップをくれるんだってよ!

しかし、中国の人の向学心というか、貪欲さには頭が下がりますわ・・・。
こういう貪欲さはちょっと見習わなければいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA