久々の福永の街 2008/09

とりあえず作業は終わった。
働かされすぎだな・・・。

午後4時頃にホテルに戻り、6時に食事の約束をしていたので、美容院に行ってきた。
マッサージをして、シャンプーをして、顔にパックして、髪を切って70元。
やっぱり中国に行った時にはこれはやっておかないと。
今日のマッサージ&シャンプー係のお姉さんはよくしゃべる子だった。
例のごとく「ちょっと髪の毛が薄いね」から始まり、とにかくいろいろ話してきたが、今日は中秋節だねと言ったところで、私が「おっ、そうか。」と言ったことで、「なーにそんな事、言ってんの。月餅沢山売っているでしょ?あんたどこの人?」と言うので、「日本人。」と答えたところで、「あっ??ごめん。日本は中秋節ないんだっけ?」
「ところであんたは日本人には見えない。中国人だと思った。」と。
その後はひたすら「中国人にしか見えネェ」の嵐。

帰国して1年以上経って、自分ではすっかり日本人に戻ったと思っていたのだが・・・。

その後、駐在者の方と一緒に万福人家にある「小肥羊」で鍋を食べたが、深センの予想最高気温が35度という状況でも小肥羊は結構混雑していた。

昼に今日は早く帰って四川料理を食べに行くつもりだったと言う話をしていたので、四川料理でも良いけどということだったが、恐らく私のチョイスする料理は口に合わないと思われるので鍋にしてみた。

約6ヶ月ぶりに万福人家に行ったら元東北料理屋の後に新しい日本料理屋「栄泉」がオープンしていた。
駐在者の方曰く、この栄泉は「なかなか良い」とのこと。
・・・ただし、日本料理屋は私の興味の対象ではないので、味が良いのかサービスが良いのか聞かなかったので知らない。

滞在している漢永酒店も新館がオープンし、元の方がA楼、新しい方がB楼となっている。
新しい漢永酒店(B楼)には日本料理「和田屋」と日カラの「帝」がある(らしい)。

そして、なかなかオープンしなかった宝利来もオープンしており、こちらにも日本料理屋と中カラがあるとのこと。
久々の中国出張を満喫したい私にとっては日本料理屋はどうでもいいが、中カラは興味がある。
でも、高いらしいから行ったことないので良く知らないそうな。
そんなに高いなら車で1時間ほど飛ばして、東莞の長安にでも行った方が良いかもしれない。

明日はお休み。
福永の街も結構変化しているようなので、もう少しフラフラとしてみようかと思っているところ。
でも、広州へ行くのも悪くないな。
今回は休みが一日しかないので、何をしようか悩ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA