帰国できた 2009/04

とりあえず、帰国できた

昨夜は6時半ごろにベッドに横になったらもう動けなくなってしまい、途中で2、3度目を覚ましたような記憶はあるものの、朝まですっかり寝てしまった。
しっかり寝たおかげで、なんとか普通に動くことができるようになった。

普通に動くことができると言うものの、決して好調というわけではないのでさっさと香港空港に行き、ラウンジでおとなしくしていようと、11時のフェリーで空港へ向かうことにした。

ホテルを出て10時30分過ぎには福永港に着いたが、香港空港行き11時のフェリーは運行がキャンセルされており、次は1時しかない。

2時間くらいなら隣の足按摩屋と上島珈琲で何とかなったような気もするが、どうしたものかと思っているうちに、深セン空港行きの無料バスが来たのでそれに乗り込み、ここ数回使用している「深セン空港-深セン湾口岸経由-香港空港行きの小車(アルファード)」で帰ることにした。

福永港から深セン空港へ移動中

とりあえずもう一枚

フェリーがキャンセルされたためなのか、車の待合場所には人がいっぱい、、、。
なんだかほとんど日本人+その通訳さん。

何台か出たのか、団体さんは大きいバスで行ったのか良くわからないが、団体さんはいつの間にか待合室からいなくなり、一緒の車に乗り込んだのは日本人の3人組と2人組。
私も日本人なので計6名全員日本人。
3人組の中の一人は夜のお店で「オイこら、酒さっさと持って来んかぃ!きれいなネーちゃん早く呼べや!」と息巻く成金オヤジを髣髴とさせるオッサン中国語を結構流暢に話していた。
オッサンと飲み屋に通っているうちにそういう話し方だけを覚えてしまったのか、中国人相手だからという意識で横柄に喋っているのか定かではないが、アレを意識的にできるんだったらそれはそれでスゴイ達人

まっ、人のことをとやかく言う前に自分がまともに話ができるようにする方が先だな、、、

そんなこんなで香港空港へ到着。
なんちゃってシルバー会員(会社で何かしら契約がしてあるらしい)の特典、キャセイのビジネスクラスのラウンジで出発直前までクタクタしてみた・・・。
願わくば最初っから会社でビジネスクラスを用意して欲しいのだが。<夢のまた夢状態

1階にも飲み物等々はありますよ、、、麺は無いけど。

総じて2階よりこっちの方が空いているし。

奥にゲームがあるし。
ちょっと触ってみるかと思っただけなのに、出発直前までひたすら太鼓の達人に明け暮れてしまった。
太鼓の達人って結構面白いんだな、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA