海賊感のあるDVD事情

「華麗なる一族」、「花より男子2」、「ノダメカンタービレ」、「ハケンの品格」、「ドクターコトー2006」。
これらは全て最近購入したDVD。
一部は少し前の気がしないでもないが、4月は番組が変わる時期だからこの手の日本のドラマDVDの新作が次々登場している。

・・・昔、画質は良くないが一枚のDVDにドラマがたくさん入っている物(一枚に全ての話が入っている物)があって、DVDの海賊版を更に一枚にまとめた大反則版という事を書いたことがあったが、最近その認識は間違っていたことに気がついた。

この大反則版、日本で放送されたドラマの最終回が終わるとすぐに発売されており、通常海賊版より先に市場に出回っていた。しかも、街のパソコン屋や屋台のDVD屋にもこの大反則版は置いてあり、中国の海賊版の主流は大反則版なのかもしれない。
画像は悪いが、値段が安く、とりあえず話のネタに見るだけならコレでも十分。
しかも、iPodなんかに落として見るなら全く問題ないどころか、まとめて変換できるからかえって便利とも言える。

対応の速さからして、恐らくHDDレコーダーのような物で録画された物が、ネットを通じて中国にすぐに送られ、編集&字幕をつけているのだろう。←あくまでも俺の勝手な想像。

なお、Web上にもドラマがアップロードされているという話を聞いたことがあるが、劣悪なADSL環境ではそれらのドラマを見ることは不可能に近いのでインチキDVDは中国で生活するには無くてはならない一品なのである。←そういうことを言ってはダメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA