深圳福永 漢永酒店

福永での宿泊は「漢永酒店」

福永近辺にある日系の会社がこのホテルを良く使用しており、3星級のホテルでも従業員が結構日本人慣れしている。

ロビー横のところにはコンビニがあり、DVD(ソフトも機械も)を売っており、長期滞在者には便利なホテル。・・・このコンビニの場所は昔はビジネスセンター(というか貸し会議スペース)だったんだけど、コンビニにした方がホテルも儲かり、客も喜ぶといったところなんでしょう。

アメニティ関係も歯磨きセット、シャワーキャップ、石鹸、カミソリなどとりあえず揃っている。また、毎日2本の水が補充され、湯沸しポットと緑茶と紅茶のティーバッグがある。

このホテル、シングルユースで宿泊する場合でも、部屋の装備が若干違い、飲水器(ウォーターサーバー)があって、水飲み放題で中国茶セットが用意されている部屋もあれば、バスタブの無い部屋もあるし、床がカーペットだったり、板だったりするし、電気も明るい部屋もあれば、そうでない部屋もある。

今回泊まった部屋はいわゆる「新館」で、部屋にパソコンが置いてある。
新館の部屋にはパソコンが置いてあるが、お茶セットや飲水器が置いてある部屋は見たことが無い。(パソコンも全ての部屋にあるかどうかは定かではないが)

近くには日本食屋も数件あり、ホテルの新館一階部分(入り口は別だが)には日式カラオケ屋「未来」がある。
ちなみにこのカラオケ屋は福永では一番良いと言われている・・・。
2階にはサウナがあり、なんというのか、アレだ。
一応、エレベータを下り右側に進んですぐの所に木の浴槽があって、ミストサウナなんかがある場所があるのだが、そんな物を使う奴がいるのかどうなのか、、、。
サービス料とお部屋代がかかるが、漢永酒店滞在であれば先に選択&訪問で部屋代は要らないはず、、、。
その2階で足マッサージなんかもやってもらうことは出来るが、基本的にはサウナ待ちのオヤッサンの時間潰しのためのような物ということで、、、。

コンセントの形状は日本のプラグも対応できるが電圧は当然220V。
最近は100?240V対応の機器が多いものの、対応していない機器には変圧器が必要。

「漢永酒店」と書かれている部分が新館。
その一階部分が、出張者およびY社等の駐在員が夜な夜な通うカラオケ「未来」。

大きなベッドで結構広い部屋(この部屋は)

テレビの下に冷蔵庫が隠れている。奥にはパソコン(この部屋は)

バスタブもそれなりに深い(この部屋は)

シャワーブースが独立している 広いトイレ&浴室 (この部屋は)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA