緊急帰国

8日のこと。
ここ1ヶ月ほど体調がすぐれなかった父親が入院したと妻から連絡があった。
夕方、単身赴任先の愛媛から実家に戻っていた兄と連絡を取ったところ「はっきりとした事は言えないが、今晩がヤマだと先生に言われているので、ちょっと覚悟はしておいてくれ。中国にいてはどうにもならないと思うが、できる限り早く帰ってきた方が良いぞ。」と言われ、しばし呆然。
内容をお話しさせていただいたところ、中国の総経理から「とにかく一番早く戻れる方法で帰ってくれ」と指示を頂き、1:35発JAL羽田空港行きで日本への帰国の途についた。
これまで香港や深センはホイッと飛行機に乗ってしまえば4、5時間程度で着く近い所だと思っていたが、今回、緊急で帰ると決まり、家にたどり着いたのは約20時間後。
この間の移動/待つだけで何もできない時間がもどかしく、羽田で携帯の電源を入れた直後に届いたメールを開いた時の緊張感は忘れられない。 <結局、楽天ポイントメール。

帰国後、親父も一時は退院できるかもという程に状態が改善し、お医者さんから「あの状態から持ち直したとは奇跡的だ」と言われていたのだが、、、。
皆さんにはご迷惑をおかけしてしまったが、出張を切り上げて帰国しておいて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA