訪港常客通道 Frequent Visitor Channel

土曜日だが今日も仕事だった。
「今度の火曜日に香港の事務所に行ってくれる?」という話をしていたので、ふと「訪港常客通道」の申請書をもらってきていたのを思い出した。

既に日本に帰任して1年以上経つが、これまでは香港IDがあったので出張時にも香港居民レーンもしくはe通という自動イミグレ装置を使っていたが、香港の労働ビザが切れてしまったので今回の出張時にはVisitorレーンに並んで長い間待たされた。

香港空港には過去一年で3回以上香港を訪れる人には申請をすると通れるようになる専用のレーンがある事を知っていたので、申請書をもらってきていた。(空港に置いてあるのを持ってきただけ)

昼休みに申請書を読んでいたら、ネットからでも申し込みができるという事だったので、早速申し込んでみた。
・・・証拠として過去三回分の香港入国(入境か?)のスタンプをスキャナーで取って貼り付けるようになっているが、香港ビザがあるうちはパスポートには出入国スタンプが押されなくなっていたので、今年だけでも香港空港を使用するのは4回目で、中国との行き来をあわせたら数知れずだが、スタンプは今回の一回分しかない。

とりあえず、今回の一回分と香港ID、ビザ、中国側のスタンプがびっしりと押されたパスポートのページをスキャナーで取って貼り付けてみた。

審査が通るのかどうなるかわからないが、あれば便利なのは間違いない。

しかも、この申請が通るとさらに申請をして、空港に設置してるパスポート対応e通(空港のはパスポートを読ませる自動イミグレ装置らしい)が使えるようになるらしい。
このパスポート対応e通は今後他のイミグレにも増えていくと聞いた(定かではないが)ので、そうなればまた香港IDを使ってe通を使っていた時と同じように便利になりそうなのだが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA