飲み屋でサイコロゲーム(七八九)

続いて“お姐さん飲み屋”のサイコロ遊びの王様「七八九」。
こいつは吹牛と比べ極めて単純だが、酒の量が増え易いので少々注意が必要。

簡単に言えば、2人以上(通常は4人以上か、、、)で2つのサイコロを順番に振って、合計が7なら酒を注ぎ、8なら半分飲み、9なら全部飲むというという単純なゲーム。

☆用意するもの
サイコロ:2
お酒:それなり(少々増える)
グラス:1
灰皿:1 (もしくは賽筒1)

☆ルール
順番にサイコロ2つを灰皿の中に転がす。
2つの目の合計数により、下記のことを行う。
 「6」:サイコロを振る順番が逆まわりになり、もう一度サイコロを転がす
 「7」:酒を好きなだけグラスに注ぎ、もう一度サイコロを転がす
 「8」:グラスに注がれた酒を半分飲み、もう一度サイコロを転がす
 「9」:グラスに注がれた酒を全部飲み、もう一度サイコロを転がす
 (「9」でグラスが空になったら適当に酒を継ぎ足しておく)
 「2」から「5」、「10」から「12」の場合はそのままスルー
灰皿を使った場合、サイコロが灰皿から出てしまった場合には「9」扱い

 が出た場合には、王様となり好きなことをさせることができる。
そして、もう一度サイコロを転がす。

上の内容が基本的な遊び方だが、その他のゾロ目が出た場合にも色々な罰則(お楽しみ?)をつける場合もあるし、最初から「1」のゾロ目だったら○○、その他のゾロ目は××と決めてやることも多い。
その辺はお姐さんとの交渉次第。。。

なかなか「1」のゾロ目は出ないので、赤のゾロ目だったったら王様だったり、、、

 中国のサイコロは4も赤い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA