飲み屋でサイコロゲーム(吹牛)

当分出張に行けそうもないし、更新がてら中国の飲み屋でよくやっていたサイコロゲームについて書いてみることにした、、、。

まずはサイコロ遊びの定番「吹牛」。(「大話色」とも言う奴もいた)
こいつは中国人はかなりの確率で知っているので、まったく日本語が話せない会社のローカル社員と一緒に量販式KTVのような所へ行った時にもコミュニケーションを図ることができ、お姐さんカラオケではない普通の中国/香港のパブでビール売りの姐さん等とも遊べるので覚えていると結構重宝する。

簡単に言えば、2人以上(6人くらいが上限)でそれぞれ5つのサイコロを振って、自分の出目と相手の言う数から出目数字ごとの数が合計でいくつあるかを推測し、手持ちのサイコロの出目を他の人に悟られないようにだますように数を言うゲームで負けたら酒を飲む、、、これじゃわからないな。

☆用意するもの
賽筒:人数分
サイコロ:5×人数分
お酒:それなり
グラス:各自のグラスでOK

☆ルール
まずはとりあえずじゃんけんでもして親(どっちが先に数字を言うか)を決めておく。
各自サイコロ5個を賽筒に入れて振り、人に見られないように出目を確認する。
(この時、5つの出目が全部バラバラならもう一度振る)

その後、親から順番に、サイコロの目と、その目のサイコロが全員の合計で何個あるかを言っていく。
例:「3個4」(何個あるかが先で、目が後)

このとき、「3が4個ある」と思えば、そのまま次の人がサイコロの個数と目を言う。

次の人が個数と目を言う時は、自分の前の人が言った個数もしくは目を増やさなければならない。
例:前の人が「3個4」と言った場合には、「4(以上)個4」か「3個5(または6)」

これを繰り返して数を上げていき、他の人が言った数字で「この数はない」と思った時に「開」と言ってオープンさせる。

オープンさせた時、自分の手持ちと合わせて、相手の言った数より下回っていれば勝ち。
相手の言った数と同じかそれ以上あれば負け。
オープンさせられた時は、その反対ね、、、。

について
「1」は1から6までどの目として数えても良いオールマイティな数となる。
ただし、「2個1」というように「1」の目を言われてしまった場合には、オールマイティの数ではなくなり、ただの「1」となる。
その他、数字を言った後に「ZAI(字は不明)」と言うと「1」がただの「1」となるというルールを適用する奴も存在する。例:「3個4 ZAI」


「1」のZAIルール、最初に言う最低個数が“人数と同数”または“人数+1”であったりと相手によって微妙に異なることがある。
負けた時に飲むお酒はグラス1杯で何回というような事も予め決めておくと良いかもしれない。

まっ、飲みながらの余興なので適当にやっときゃ良いんだが、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA